ブログトップ

大好きなことをやる。

今回のレポートでは、2011年以降の日本・世界のシナリオと、この時代に必
要なお金のIQ・EQ、そして今年を幸せに豊かに生きる方法を中心にお伝えし
たいと思います。

1)転機の2011年は、終わりの始まり or 終わりと始まり

 今年の本田健の講演会は、歴史の話からスタートしました。
 歴史は、80年サイクルで繰り返すという学説があります。
 今年は2011年なので、80年前は1931年、その80年前は、1851年です。
 1931年は、満州事変が始まった年。そして、1853年は、ペリー来航ですが、
 ペリー提督が、アメリカ政府に1851年に日本開国に向けての指針を提出して
 いたといいます。つまり、1851年に日本開国のプランがスタートしていた
 ことになります。なかなか興味深い事実ですよね。
 このような転機にある2011年から、どんな風に世界は展開していくのか、
 それをネガティブ、ポジティブの両面から見て、説明していきました。

▼2011年以降のネガティブシナリオ(最悪の状況を想定したもの)
 1)世界金融の破綻          4)無政府状態、治安の悪化
 2)局地的な戦争           5)世界的不況
 3)食料の高騰、飢餓

▼2011年以降のポジテイブシナリオ(最高の状況を想定したもの)
 1)新しい金融システムの誕生      4)競争から共生へ
 2)平和維持の世界的機関        5)自由な教育システム
 3)無駄のない流通システムの誕生

 2012年に世界は終わりを告げる、というような話もありますが、実際どう
 なるかはわからない、と本田健は言います。ただ、2011年が終わりの始ま
 りなのか、それとも何かが終わり、新しい何かが始まる年になるかは、わたし
 たち次第です。

 これから終わる可能性があるものとしては、利益優先のビジネスや、殺伐とし
 た社会の雰囲気などを健は挙げました。これらは、おかしいと感じている方も
 多いと思いますが、今、それを作り出しているもの私たちで、それを変えてい
 けるのも私たち自身ということも忘れてはいけません。

2)2011年に必要なお金のIQ・EQ

 次に、これから経済的に厳しくなる可能性のある時代を生きていくためには、
 お金についても、これまで通りの考え方・付き合い方を変えていったほうが、
 より幸せに豊かに生きていける、と健の話は続いていきました。それでは、
 2011年に必要なお金のIQとEQについて、簡単に説明していきましょう!

▼2011年に必要なお金の知性(IQ)
 1)今までのお金のIQは通用しない
 2)「安全」というものはあり得ない
 3)有利が不利、不利が有利になる可能性
 4)普通の人が預金封鎖や国家破産によって翻弄される可能性
 5)リスクをとらなければ、お金を失ってしまう

 これまでのお金の常識が通用しない、ということについては、会場でも驚かれ
 ている方が多かったように思います。これまで安全と思っていたことが、全て
 ひっくりかえる可能性というのは、多くの人の感情を揺さぶるものです。この
 変化に対応するには、お金の感性(EQ)が、これまでよりも重要になってき
 ます。

▼2011年に必要なお金の感性(EQ)
 1)日常的なお金のストレスに気づく  
 2)社会で起こることにふりまわされない 
 3)お金の不安、恐れを癒す
 4)お金の「設計図」を書きかえる
 5)お金の流れを信頼し、お金と友情を築く

 私たちは、意識しないうちに、お金のストレスをあらゆる場面で受けています。
 それは、ランチを食べる時に何を食べるかを選ぶ時や、人と持ち物を比べる時、
 家計を考える時、税金を払う時など、日常的なことから、そうでないものまで
 実に様々です。これを、ストレスを受けている、と認識することが第一歩です。
 それから、お金の不安を手放して、健康的に付き合うようになるうちに、あな
 たの実際のお金の状態や、お金に絡んだ感情が変化していくでしょう。この、
 「お金」というテーマについては、1日のセミナーでも語りつくせないほどだ
 と、本田健は話してくれました。


3)2011年を幸せに豊かに生きるには
 
▼2011年 幸せに豊かに生きるには
 
1)「変化は当たり前だ!」という視点を持つ
 2)全ての変化は素晴らしいと考える
 3)自分らしさで勝負する
 4)たくさんの人と深くつながる
 5)どんなことも「とにかく楽しむ!」


 2011年は、大きな転機の年になることが予想され、そんな時代に生きてい
 ることは、とても素晴らしいことだと健は言います。安定を望むことは、時代
 の流れの中では難しくなりました。ならば、この転機の年の大小様々な変化を、
 自分らしく生きていくことで、人生を楽しんでいただきたいと思います。


 最後に、本田健が2011年をどう生きたら良いか、1つだけアドバイスする
 ならこう言います、という一言を言って締めくくりました。

 「大好きなことをやってください!」 
 
2011年は、どんなことがあるのかわかりません。お金が減ったり、仕事を
 失う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、『きっと、よくなる!』でも
 ご紹介していますが、幸せな成功者の多くは、人生の中で最悪の出来事だと思
 ったことが、その後の幸せにつながっているそうです
。職を失うことも、とら
 えかたによっては、嫌いな仕事からの解放と考えることもできるでしょう。
 また、お金がなくなったとしても命まで取られるわけではありません。自分の
 未来を信じて、素晴らしい毎日を作り出していただければと思います。

                                      ~アイウエオフィスより~


Love is...following your star
Love is...not looking back

[PR]
by motherearthh | 2011-02-16 13:04 | 子育て支援/英語絵本よみきかせ | Comments(0)