「ほっ」と。キャンペーン

英語レッスン

4月から新年度が始まり、5月からは新クラスもスタートしました♪
さて、その様子は。。。???

【3年生になった男子チームクラス】
こちらはサッカー、野球もやっているアクティブで心優しい男子生徒たち
3,4年生はギャング・エイジとも言われているように、なかなか一筋縄ではいかないのも事実
しかし、見方を変えると、とても好奇心あふれるお年頃なわけで、知的活動が活発になる時期
単純な記憶学習ではなく、生活・文化の中に生きる言葉(英語)の楽しみ方、味わい方をさせてあげると
実に生き生きと食いついてくる
たとえば、今レッスンではGWに何をした?どこへ行ってきた?と
各自にshow&tellの発表をしてもらっている
自発的に写真などを用意し、日本語で原稿も書いてくる
英語と日本語がミックスではあるが、立派なコミュニケーション能力を発揮してくれている
聴いている側も興味津々
質問まで出てくる
素晴らしい!!!
1歳~3歳から英語を始めたころは、日本語さえまだまだのころ...
それが今では日本語、英語関係なくしっかり自分を表現しながらコミュニケーションができる
そして、相手の話をしっかり聴き、いいところをきちんとフィードバックできるようにもなってきた
そのことで相手のモティベーションが上がることがすでにわかっているようだ
去年は、けんかや言葉の暴力?で少~しもめたこともあったけれど、
今ではお互いの長所短所を分かり合えるいい仲間意識が芽生えている
そんなとても微笑ましく、楽しいクラスです

【6年生のクラス】
Super kids 3というコースブックもそろそろ終盤
内容は、中2英語というところでしょうか?
過去形不規則動詞、不定詞などが出てきています
児童英語では、文法説明を日本語でくどくど教えません
状況を設定して会話として習得していきます
英語日記や多読多聴がとても有効
なんといっても知的好奇心が旺盛になっていますからね
そして、本人の意思が大事になってくる時期
Aくんは、英検受験も目指しています
基礎英語1も聴きはじめたそうだ
目的をもって学ぶということは、様々なチャレンジを生み出しますね
中1,2生徒に比べ、学校英語に縛られていない分のびのび自由に英語に親しんでいるって感じです
その調子!その調子!

【年長さんクラス】
年少さんからスタートして3年目のクラス
一言でいうならば、「超かわいい!!!」クラスです
男子1名、女子1名のたった2人のクラスですが、二人の掛け合いがユニークでとても可愛い
想像力が豊かな時期で、ごっこ遊びが大好き
仲間意識も持つようになって、個性と個性のぶつかり合いがおもしろい!
くり返し英語の音声を聴いて耳にインプットすることが大切
理屈抜きで耳から聴いた音声を自ら再現する能力を子どもは持っているので、
間違ったように聞こえる発音も、正しい発音にたどりつく前の一形態にすぎないことが
ほとんどなので、「違うでしょ!」と訂正することより子どもの芽をつまない配慮が大事です
とにかく可能性があふれでていて楽しみなクラスです

【3・4・5年生女子クラス(新クラス)】
この五月からスタートしたクラス
3・4年生は、2~3歳から英語を始め、途中事情があり少しのブランクがあったのだけど
無事に戻ってきてくれて再スタートした3名と5年生から入会してくれた1名、計4名の仲良しクラス
こちらも個性あふれる負けず嫌いの面々?
この負けず嫌いというのがとてもいい感じにクラスを盛り上げてくれている
知的好奇心旺盛なこの時期
自己アピール、表現することの楽しさを覚え、みんなそれぞれ違うんだ!それがおもしろいんだ!
ということを知ってほしい
英語でチャレンジするのだから、間違っても平気!むしろやってみることで
自信がついたり、楽しかったり...そんな感覚をいっぱい味わって欲しいと心がけている
"Very good! Wow! Wondeful! Good job! Perfect! Super! ...etc."
こんな風にいっぱい褒められたら誰だって嬉しいよね♪
褒められると「もっとがんばろう!」とか「もっと出来るようになりたい!」とかいう意欲が湧き出てくる
そして、他の人を褒めることで自分もいい気持ちになる感覚を覚えてほしいな
学校などでは学年でくくられることが多い日本だが、1~2年違うからこそお互いを通して学びあえることも多いと考えている
これからがとても楽しみなクラスです
今は生徒たちも楽しくて仕方ないという感じです
もっともっと楽しくなりますように。。。

【中学生個別クラス】
6月中旬に学校の定期テストがあるそうです
中1の生徒にとっては、初めてのテスト
幼稚園から英語を始めたAちゃんにとっては、今学校で習っていることは既に知っていることばかりで
物足りなさを感じているようだ
児童英検や朗読コンテストでも優秀な成績を修めているからなおのことかな?
でも、日本語で書かれた問題にそって解答する学校英語に戸惑う様子
そのうちに慣れますよ!大丈夫!みんなそうだったから...
むしろ、ケアレスミスで悔しい思いをしないように、集中力を高めて、テストで取りたい点数だったり、
中学校の教科としての英語をどんな状態にしたいか目標をもって取り組んでほしいと伝えている
だから、6年生から聞き始めた基礎英語も毎日続けているし、英語日記や多読も楽しそうに続けている
90分という中で学校英語と英会話のレッスンがバランスよくできている状態
この調子で益々英語の力をつけていってほしいと期待しています♪

中2の生徒は、中学生活にも慣れて部活と勉強の両立にがんばっているとても頑張り屋さんのSちゃん
学校英語にも慣れて、1点の重みも知り、演習量も増やし更なる目標をもって楽しく取り組んでいる
とにかく「英語が大好き!」というのがこちらに伝わってきてうれしくなる
中2のはじめだったか、英語ではなく数学の話になり、数学が好きになるようにと
NLPを使ってのイメージトレーニングをした結果、先日のレッスンで数学が出来るようになってきて
おもしろいという報告をうけた
とてもうれしい!
言葉の大切さ、力をあらためて実感!「コミュニケーションは相手の意欲を引き出す」ですね
英語を通して、コミュニケーションの楽しさを知り、いろんなことに興味を持ってチャレンジする
そして、大きな夢に向かって羽ばたいていってほしい
とても楽しみにしています♪



*少人数制の個人のお教室だからこそ、一人ひとりと真摯に向き合い、きめ細やかに@ホームな感じで
安心してレッスンができます。
英語を通して人の成長にかかわるこの仕事は、いつも真剣勝負です。
こどもの目の高さで観て、聴いて、感じながら、こどもと向き合い自分も一緒に学ばせてもらっています。
こどもの成長はとても早いです。おくれながらもわたしもいっしょに成長したいと日々取り組んでいます。
これからもどうぞよろしくお願いします。感謝emoticon-0152-heart.gif

そして、いつでもお仲間募集中です♪ →click here MOMO NETWORK
お気軽にご連絡をお待ちしていますemoticon-0154-mail.gif

**ご要望により東京中央区でも体験レッスン実施中です♪(詳しくはメールにてお願いします)
[PR]
by motherearthh | 2011-05-26 05:07 | 児童英語 | Comments(0)