ブログトップ

おとなのための読み聞かせ

f0215245_1291632.jpg

f0215245_1291763.jpg

おかげさまで素敵な場となりました♪
ありがとうございましたm(_ _)m

今回のメインに選んだ本は、
アニメーション作家山村浩二の絵と
詩人アーサー・ビナードの新訳が出会う、本当の宮沢賢治の里山がいきいきと描かれ
生きものがいっぱい!の

『雨ニモマケズ Rain Won't』

これは現代に生きるわたしたちに、
「イツモシズカニワラッテイル」宮沢賢治がやさしく問題をつきつけてくれている。
〜『今ニモマケズ』〜

今と大きくズラているが、それは「今」が劣化しているからズレが生じた。
「雨ニモマケズ」は継続可能な、古くならないものが土台となっている。
それに対して、コンビニ生活もグローバル経済もTPPまでもが先がない、すべて袋小路。
当たり前の生態系に流れを今のわたしたちがつくらなければ…

ライアーの音色とともにみなさんの心に何かが響いたようでした。
[PR]
by motherearthh | 2014-06-02 10:52 | 子育て支援/英語絵本よみきかせ | Comments(0)